プロバイダ変更で違約金?

知名度の高くないワイモバイルの場合、解約する時に発生する解約金を安価にしたり、契約の期間を縮めたりして試用期間を利用するようにすれば、契約数がかさんでいくと考えられます。
「めちゃくちゃ安い!」と魅力を感じていても、1年以上の契約期間があったりすると、契約になかなか踏み出せないものです。
プロバイダの料金がお手ごろ価格になるといわれて、今のプロバイダに換えたのですが、間違えたと思っています。
確かに、値段はかなりサイフに優しい価格でした。
しかし、しばしばネットにつながらなくなってしまったり、回線速度が落ちてしまったりで、前のプロバイダの方がはるかに良かったのです。
安易にプロバイダを変更するんじゃなかったと、後悔がやってきました。
ソフトバンク系列の安い通信会社の場合でも、期間の途中でやめる場合に、違約金を払わないといけないのか気になります。
これ自体は、インターネット光回線契約時のプランによって異なるようです。
契約内容が2年や3年に満たない場合の解約で9500円の解約金が発生します。
契約する場合は、気を付けてプランを選んだ方がよさそうです。
どの光回線を選べばいいのか迷った時には、おすすめがのせてあるサイトを参考とするといいでしょう。
いろんな光回線を取り扱っている会社を見比べてくれているので、その中から自分にぴったりなものを採択すれば良いと思います。
お得なキャンペーンのおしらせも知ることができます。
自宅や会社で光回線を導入しているのならIP電話を試してみるとお得な上に便利です。
利用するのは光回線なので、一般の電話回線がするように音声データを何度も交換機から中継するのは不要です。
だから、電話料金がかなり安くなり、契約したプロバイダによって差はありますが、毎月の基本料金が一般の電話回線よりも安くなる場合が多くあります。